トミタ式7号食とは?

FMラジオでトミタ式7号食のお話しさせていただきました

・初めて7号食を挑戦される方へ

・7号食って何?と疑問に思われている方へ

・経験者の方へ

 まずは、こちらを聴いてみてください

 ”櫻庭露樹プレゼンツ 夜のツタンカーメン” 

【第127回】『富田船長の玄米7号食のお話』の巻  2017年6月2日放送分

7号食にトライするのに必要な情報がぎっしり詰まっています。30分の放送内容です。

【空腹感は一切無し!?驚きの半断食法・トミタ式7号食!】

 

「トミタ式7号食」は、20数年の間に1万人以上の食養指導の実績を持つ、冨田哲秀が考案した

 

『未精製の穀物(玄米・雑穀・古代米)』『飲み物はお水かノンカフェインのお茶』『たっぷりのゴマ塩』で、10日間(復食期間をいれて16日間)を過ごす

 

というシンプルかつ画期的な食養法です。

 

【好きな時に、好きな回数、食べたいだけ食べてもデトックス出来る!?】

 

トミタ式7号食の特徴として、食べる量は【食べたいだけ食べて】かまいません。

1日5食だって良いのです。

ただし良く噛む(最低でも50回・理想は100回)という条件があります。

 

何回でも、いくら食べても良いのですが、

 

●減量した!

●お肌がキレイになった!

●深い睡眠が得られるようになった!

 

・・・などなど、たくさんのご報告を頂く革新的な半断食方法なのです。

 

このトミタ式7号食を実践し効果をあげられた方は、ご報告を頂いただけでも、5年間に1000名以上に達します。

 

体験談は 「あすなろ日記」より検索!!

【トミタ式7号食の成り立ち】

 

そもそも7号食とは、マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法です。

劇的な効果を発揮するのですが、『一日に玄米ご飯お茶碗一杯だけ』で10日間を過ごす、という過酷さに挫折する方が多いのです。

自身もその素晴らしさを体験した冨田が「この食養法をもっと多くの人に広めたい」と考え、自身を実験台とし、

 

「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」

 

ことを7年前に発見、その普及に努めることとなりました。